読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「こども教育会議」で情報交換

首長部局と教育委員会が相互に連携するために、毎月テーマを決めて開催されている「こども教育会議」
今回のテーマは「官民一体型学校武雄花まる学園」の取組についてでした。

f:id:Takeo-smile:20150819174942j:plain

まずは、実際に取組を実施している東川登小学校の校長先生より、4月から実施をしてみて、子どもたちの集中力、計算力の向上や上級生がリーダシップを発揮している点、学習準備の習慣づけができてきた点などの良かった所と、高学年への花まるタイムのやり方を深めるなど今後の課題を説明いただきました。

f:id:Takeo-smile:20150819180249j:plain

f:id:Takeo-smile:20150819180327j:plain

f:id:Takeo-smile:20150819180356j:plain

小松市長からは、

本取組の本質は「地域一体」となることである、また、移住政策にも力をいれたい。
取組学校が増えたときの学校の独自性をどのように出していくのか、中学校への接続や、未就学児への拡大など縦横への展開も必要。
なにより、現場の意見をよく聴いて進めて行きたい

とご発言いただきました。

f:id:Takeo-smile:20150819180634j:plain

また、教育委員の皆様より、まだまだ市民の皆様へ本取組の周知が十分でない点のご指摘をいただきました。
今後も情報の発信に努めてまいります。